| Next»
カテゴリー: 入荷のお知らせ
投稿者: roku
心待ちしていた桑田卓郎先生の作品がようやく届きました。
梱包の箱を空けると
光輝く黄金色の器がつぎつぎと顔を出し、
スタッフたちも思わず歓声をあげてしまうほど。
磁器の飲み口に金色の釉薬を大胆にかけた、
まるで生き物のような躍動感ある作品です。
20120801-________________________.jpg
とろりとした金の釉薬が艶やかな、金彩垸12,600円

現在31歳の桑田先生は、DJのように音楽を流し作陶をしているとか。
そのポップさが器にも表現され、新潮流の訪れを感じさせてくれます。
20120801-__________________.jpg
現代アートの自由さ、強烈な色の力を感じる、金彩灰釉湯呑各13,650円

なお、8月24日(金)~9月1日(土)には祿ROKUにて、
桑田卓郎展を開催します。
約50作品をご紹介する予定ですので、ぜひこの機会に桑田先生の研ぎ澄まされた感性を
ご覧ください。

カテゴリー: 入荷のお知らせ
投稿者: roku
7月23日は暦でいうと「大暑」。この時期を境に気温がぐんぐんと上がり
いっきに夏に向かっていきます。
冷えた白ワインやシャンパンがいっそうおいしく感じる季節ですよね。
そこで、ひと味違ったワインクーラーをご紹介します。

null
凛とした存在感のある竹ワインクーラー 78,750円 ※中に入っているボトルはディスプレイ用です。

素材は瀬戸内海の屋代島に生息する貴重な竹「孟宗竹(モウソウチク)」。
高さがおよそ12m、直径が20cmという国内最大級の大きさを誇ります。
冬に採取し数百日間、天日干しをしたあと、油抜き(火で炙り表面ににじみ出た竹油をふき取る)をして回りの皮をはぎとります。
白木のような、清らかな竹肌が顔を出すのです。
20120725-______________________________.jpg
きめ細やかな竹肌が作品の表情を作ります。

20120725-___________________________.jpg
樹脂で細心の仕上げ処理を行うことで水に対応。ただし、水分湿気に敏感な素材のため、使用後は日陰干しが必要です。

作り手は佐村憲一先生。グラフィックデザイナーでありながら、茶人としてもご活躍。「竹ワインクーラー」は以前もお取り扱いさせていただき、入荷した直後に完売。今回は待ちに待った入荷となりました。
生命力ある竹のみずみずしい美しさを放った作品は、一陣の涼しさを運んでくれるようです。



カテゴリー: 入荷のお知らせ
投稿者: roku
新規作家 小西 潮氏 のレースの吹きガラスが入荷しました。 
20120502-1_.jpg
小西氏 は、ヴェネツィア・ガラスに代表されるレースガラスの技法で、繊細で斬新なデザインの美しい色とりどりのオリジナルグラスウェアを神奈川県三浦の工房で製作。ガラスアーティストとして数々の賞を受賞し、各地で個展を開いたり、美大や工房で特別講義も行っておられます。

<小西 潮>
1964年 千葉県生まれ
1991年 富山ガラス造形研究所 入学
1993年 米国マサチューセッツ州チャダムグラスカンパニー勤務
1998年 神奈川県三浦市に築炉 「潮工房」 開設

20120502-2.jpg
レースグラス 黒リボン ¥8850

20120502-3.jpg
レースグラス 朱 ¥6600

20120502-4.jpg
レース片口酒器 雪月花 夜(黒・茶) ¥11000

20120502-5.jpg
レースおちょこ 雪月花・花(赤・ピンク) ¥5500

小西氏のガラス作品は、ひとつひとつ味があり、日本の住環境で使い易い器。口当たりがやわらかく、毎日使いたくなります。また、ガラス棒(ケイン)制作工程を見ると、ともて大変な作業工程で、ひとつのグラスを作るための、レースの色ガラス棒を作って、らせん文様となり、それをカットし、くっつけて、吹きガラスの工程に入る。気が遠くなるような、手間隙をかけて作られる 温かみのある作品です。これから夏に向けて、涼しげなレースガラスで、一杯いかがでしょうか。
| Next»